『狐狼の血』 絶対的復讐とは

公式サイト(http://www.korou.jp/sp/)

f:id:hanazawaproject:20180515011426p:image

“血湧き肉躍る、男たち渇望の映画“が誕生した。
 昭和63年。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、やくざ、そして女が、それぞれの正義と矜持を胸に、生き残りを賭けて戦う生き様を描いた映画『孤狼の血』。決して地上波では許されない暴力描写とエロス、耳にこびりつく怒号と銃声。観る者は生々しいまでの欲望にあぶられ、心は必ず火傷する。『警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した本作は、昨今コンプライアンスを過度に重視する日本の映像業界と現代社会に対する新たなる挑戦であり、数々の【衝撃作】を世に送り出してきた東映が放つ【超衝撃作】である。

広島県警呉原東署 刑事二課主任 大上章吾巡査部長は、大層な遊び人であり、クラブやキャバクラに入り浸り、警察でありながらヤクザから賄賂を受け取り、捜査のために必要とあらば、窃盗、放火、拷問も厭わない違法にして無法な人物であった。作中では「広島仁正会」と「小谷組」の対立が戦争に発展するのを防ぐべく奔走するが、大上の違法捜査に目をつぶっていられなくなった広島県警本庁は新人である日岡秀一を内偵として送り込む。呉原東署に異動になった日岡秀一は、おそらく(明確な描写はないが)本庁からの圧力もあり、大上のパートナーとして共に捜査をすることを命じられるが、大上の度を超えた違法捜査についていけず、肉体的にも精神的にも限界の状態であった。

しかし違法捜査は目の当たりにしたのだから、後はこれを本庁へ報告すれば内偵としての職務は全うしたことになり、大上は良くて謹慎、悪ければ逮捕という状況に追い込まれ、パートナーは解消され、本庁へ戻れる可能性もある。当然日岡はそうする。しかし違法捜査の証言、ヤクザとの会話の録音などのこれ以上ない物的証拠を提出しても一向に大上は処分されることがない。

そもそも大上はなぜ警察でありながらヤクザと繋がりなど持てるのか。「大上の頭の中にはヤクザを壊滅にすら追い込むことの出来る情報があるのだ」と、古くから大上を知る者はそう言う。本庁上層部の話でも「大上はヤクザを壊滅させるだけの情報を書き留めた一冊のノートを所有している」とされており、日岡はそのノートの回収を命じられる。

時を同じくして、いよいよ広島仁正会と小谷組の対立が戦争に発展しようとしていた。大上はシマを荒らす広島仁正会の連中にしびれを切らし、抗争をしかけようとする小谷組との交渉の結果、3日間の猶予をもらったが、広島仁正会の行動が大人しくなることはなかった。それでも大上は必死に働きかけ、なんとか抗争を食い止めようとするも、しつこく交渉してくる大上に嫌気がさした広島仁正会によって殺されてしまう。

しかしこの事態を予測していた大上は、行きつけのクラブ「梨子」のママである高木里佳子に例のノートを渡していた。「俺が死んだらそのノートは日岡に渡すように」という大上の遺言に従って、ノートは里佳子から日岡へと渡る。しかしそのノートに書かれていたことはヤクザの弱みなどではなく、広島県警全員分の不祥事をまとめたものであった。日岡は「ヤクザを止められるのはヤクザと太いパイプのある大上しかいない。大上は身内の不祥事を盾とすることによって違法捜査の処分を免れてきた」という真実を里佳子から聞かされ、警察上層部はヤクザの情報欲しさではなく、保身のためにノートを手に入れようとしていたこと、大上の今までの悪辣な行動の裏にはカタギの人々を思いやる確かな正義があった事実を知り、大上が亡くなる原因となった小谷組、広島仁正会に対し、復讐を決意する。

その復讐の内容が凄まじかった。

大上と捜査を共にしてきた日岡には、広島仁正会全日本祖国救済同盟代表の瀧井銀次、小谷組若頭、一之瀬守孝との若干の繋がりがあった。狙うのは広島仁正会が参加する祝賀会。会長である五十子正平がトイレに行くと会場にいる瀧井に合図を出させ、外に待機させておいた一之瀬と共謀し、五十子の元に案内し、殺させる。ヤクザの間には会長や若頭といった重要ポストにいる人間が逮捕されぬよう、立場が下の者が自首することで上の者は罪を免れるというシステムがあるのだが、日岡はそれを逆手に取り、殺人を終え、トイレから出てきた一之瀬をその場にいた小谷組の面々共々呉原東署総掛かりで現行犯逮捕する。こうして会長である五十子と組長代行(小谷組組長は服役している)を務めていた一之瀬が捕まったことで両組織は統率がなくなり、解散を余儀なくされた。大上が3日の猶予で食い止めることのできなかった抗争を、日岡はわずか1日で終結させてみせたのである。

これぞ報復を呼ばない絶対的な復讐である。

しかし組織壊滅のためとは言え、ヤクザと共謀することを計画の一端に盛り込んだ作戦を呉原東署がそう簡単に承認するとは思えない。おそらく日岡は使ったのだ。大上が暴いた広島県警の不祥事の情報を。

大上が積み重ねてきたことを復讐の機転に組み込んだことで、大上の存在は偉大であったと証明するような日岡の行動は、亡き大上への餞のようで美しかった。

警察でありながらヤクザと癒着し、警察でありながら身内の不祥事を暴く。警察にヤクザ、どちらにも居場所がない故に"狐狼"。傍から見ればその行動は「悪」そのもの。しかしその思想が「正義」足るからこそ、"血"は次代へ脈々と受け継がれる。正義は悪なり得、悪もまた正義なり得る。

以上。